キャッシング 利率

キャッシングと利率について

キャッシング選びには利率が大事です。

最近テレビやインターネットなどで頻繁に目にするのが
キャッシングの広告です。

金融会社は互いに競争をして、
新たな顧客の増大をはかっているといいます。

最近までキャッシングといえば、
即借金地獄のような悪いイメージがありました。

今では成人全体の1割以上の人が、
何らかの形でキャッシングを経験しているようです。


社会問題にまで発展していた、出資法に定められた利率と
利息規正法での上限利率との間であるグレーゾーンが撤廃されました。

以前はキャッシングによる高金利貸付も少なくありませんでしたが、
法律の効果によって使いやすくなりました。

更に、2007年にキャッシングに関わる法律が見直されたことで、
以前より低い利率での借り入れができるようになりました。

利用者にとっては嬉しい話であるといえるでしょう。

今までグレーゾーンギリギリで、最高29.2%まで設定されていた利率も
2012年には一律上限20%までとなります。

いわゆる消費者金融会社をはじめ、銀行系やカード会社なども、
続々と新しいキャッシング方法を提案しています。


手元にあるお金を上手に使いこなすには、
時にはキャッシングを用いてやりくりしていくことも大事です。

低い利率のキャッシング商品を活用して、
生きたお金の使い方をしたいものです。

ネガティブな印象を持つ人もいるかもしれませんが、
今や利率の低いキャッシングは使わずには損ともいえます。

キャッシングと利率エントリー一覧